メニュー

効き脳トライアル診断

こんなお悩みありませんか

こんなお悩みありませんか

 

  • 自分の指示がなかなか伝わらず、思った様に動いてくれない
  • 成果を出すメンバーとそうでないメンバーの差が激しい
  • 社員同士がバラバラで、協力して動いている感じがない
  • 人間関係のトラブル、理由のわからない離職が発生している

<p class="ft-txt" style="text-align: center;"

 

「効き脳」診断をお勧めします

他者へ向く思い込み

効き脳診断を導入すると

これらを一眼で知ることができます!

  • 誰と誰が相性がいいのか?(いわゆるツーカーの仲)
  • どんなアプローチで伝えると納得するのか?
  • どんな役割がマッチするのか?
    (最適な人員配置)
  • 個人ではなく組織で成果を出すための方法
    (コツコツ型、自由なアイディア・・)

 

他者へ向く思い込み

これらを一眼で知ることができます!

  • 誰と誰が相性がいいのか?(いわゆるツーカーの仲)
  • どんなアプローチで伝えると納得するのか?
  • どんな役割がマッチするのか?
    (最適な人員配置)
  • 個人ではなく組織で成果を出すための方法
    (コツコツ型、自由なアイディア・・)

 

当社では人材開発・組織開発を効果的に進めるためのアセスメントとして「効き脳診断」を導入しています。

効き脳診断とは?

kikinou 01

個人の強みを発見、活かし、組織で成果を出すための指標がわかるツールです

 

 

当社オリジナルのDDAメソッド

 部下育成やチームビルディング、ダイバーシティ推進などの話をする際に「一人ひとりの能力を生かす」「それぞれの違いや価値観を認める」などのことは良く言われていることです。ただ、「実際にはそれをどうやってやるのか?」という疑問に効き脳診断は役立ちます。

 

「効き手」「効き足」がある様に、周囲からの刺激に対して無意識に反応してしまう「効き」が「脳」にもあります。これらの「効き」は一人ひとりが異なるものですが、この「効き」からその人の思考・行動特性を調べるツール「効き脳診断」です。

 

効き脳診断は、高い有効性が実証されている「ハーマンモデル理論」をベースとして作られた、脳の思考特性を見える化したツールで、全世界200万人の実績がある診断です。日本でも官公庁や教育機関などで活用されており、ハーマンモデル理論をベースとした有償診断サービスでは国内で最も多く利用されています。

 

効き脳診断は、実際に「違い」を明確に見える化します。


  • A.論理・理性脳 理由を納得しないと動かない
    B.堅実・計画脳 リスクをとりたがらない
    C.感覚・有効脳 感情に訴える
    D.冒険・創造脳 自由奔放にやりたい

 以上の4つの指標から自分や相手のタイプの違いが明確にわかるため、相手とのコミュニケーションの取り方がわかったり、自分の偏りに気付いたり、人それぞれの違いを客観的に理解できたりします。

 

 何より、この4タイプが協力してはじめてチームの成果は最大化します。当社のチームビルディング・プログラムは効き脳診断を採用し、クライアント様の成果を最大化するものとなっております。

 

※「効き脳診断」は、フォルティナ株式会社がASP形式で提供するサービスです。

 

効き脳診断サンプル

web上で10分程度、43問の質問に答えることで、4タイプの思考特性を基準に診断することができます。

一人一人異なる「効き脳」=「個人の思考の仕方の違い」を知ることで、チーム作りを始めとする様々なシーンに活用することができます。

資料請求はこちら

導入企業様の声

 

効き脳診断トライアル実施中 

slide02

slide02

株式会社リソースフル

Copyright © resourcel All Rights Reserved. login